2012年04月26日

ローンが支払えなくなったら

新築マンションを購入後、景気の動向などにより大幅に給料が下がる、或いは失業などにより住宅ローンを滞納すると債権者は担保にしているマンションを競売に掛けます。
現在の不良滞留の基準は6カ月滞納した時点で不良滞留とみなされます。

競売にかけられると有無を言わさず退去しなければなりません。

そこでもう一つの方法として任意売却というものがあります。

ローンが残ったまま抵当権を外してもらい、任意で売却したお金で返済するというものです。

金融機関からの督促が何通か来ている人は「任意売却」で検索してみるとよいでしょう。

posted by サラリーマン銀太郎 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。