2008年11月15日

かんぽ生命保険

かんぽ生命保険を紹介するサイトです。
http://okhp.jp/%82%a9%82%f1%82%db%90%b6%96%bd%95%db%8c%af/
このサイトをつくったのかというと、「かんぽ生命のHPを閲覧してはみたものの、正直なところ理解するのに苦労した。」というのが本音だったのです。
このサイトと“かんぽ生命保険”のHPを行き来し“新ながいきくん”を理解して下さい。

かんぽ生命保険HPの内容がスッキリと読めるようになり、その中から自分に一番合った保険を選ぶことができます。
このサイトを“身近な郵便局”の“自分にあった保険”選びに役立ててください。

保障される期間が限られている『定期保険』と、保障が一生涯続く『終身保険』とです。

『定期保険』は掛け捨て保険と呼ばれていて、一定期間内に死亡したときに保険金が支払われる契約なので、期間を過ぎてしまうと死亡しても保険金は支払われません。

ファミリーが属する『終身保険』は保障が一生涯続くので、いつかは保険金が支払われることになります。

■基本保障+倍額保障+特約保障で、ぶ厚い保障
ここでは、“新ながいきくん”ファミリーで支払われる死亡保険金の額に着目し、その保障の厚さについて説明します。

“新ながいきくん”ファミリーの保障は、基本保障に加えて倍額保障が付いていて、さらに災害特約を付け加えることができます。
倍額保障と災害特約は、不慮の事故等による死亡の場合で、条件が満たされたときにのみ適用される保障とおり、適用されれば、それぞれの保険金が加算して支払われます。
保険金は、基本保険金+倍額保険金+災害特約保険金ととても充実しています。
倍額保障   
・基本保障に付随している保障で、保険料は増額となりません。
・契約日から1年6か月経過後に、次のいずれかで加入者が死亡した時に適用されます。
a.不慮の事故により、日から180日以内に死亡した時     
b.所定の感染症により死亡した時   
・基本保障に加算して支払われます。
・契約日から有効となります。
・不慮の事故により、日から180日以内に死亡した時に適用されます。
入院特約:別途説明します。
とき(要するに感染症や不慮の事故による死亡が適用されない時)基本保障=1,000万円
パターン2:契約日から1年6か月経過後に、所定の感染症により死亡した時      倍額保障が適用となり、基本保障+倍額保障=2,000万円
パターン3:契約日から1年6か月経過前に、不慮の事故により、日から180日以内に死亡した時      災害特約が適用となり、基本保障+災害特約=2,000万円
パターン4:契約日から1年6か月経過前に、不慮の事故により、日から180日以内に死亡した時      倍額保障と災害特約が適用となり、基本保障+倍額保障+災害特約=3,000万円

不慮の事故による死亡・例えば、日常における作業中の事故、交通事故、他殺、自然災害による死亡など。
急激性、偶発性及び要件を満たすこととしています。
所定の感染症による死亡・エボラ出血熱、細菌性赤痢、腸チフスなど感染症が定められています。

■特約保障も充実
生命保険に加入しておけば、万が一の時には保険金が支払われるという安心感がありますが、それだけでは備えと言えません。
そんな生命保険の不足を補うのが特約です。
特約とは、保障で、“新ながいきくん”ファミ
リーには無配当傷害入院特約、無配当疾病傷害入院特約、災害特約と介護特約が用意されています。
無配当傷害入院特約不慮の事故による傷害で入院したときに保険金が支払われます。
・保険金額は、入院1日につき、特約保険金額の1.5/1000です。
手術保険金
・入院中に所定の手術を受ける時に支払われます。
120日となった時支払われます。
無配当傷害入院特約と同様に、入院保険金・手術保険金・長期入院一時保険金が金額の規定も同じです。
倍額保障とにていますが、倍額保障には契約日から1年6か月経過後という条件があるのに対し、こちらにはその条件がありません。
死亡保険金
・不慮の事故により、その事故の日から180日以内に死亡した時にす。
傷害保険金
・不慮の事故により、日から180日以内に、所定の身体障がいの状態となった時に支払われます。
保障に加えて、病気または不慮の事故により特定要介護状態になったときに保険金が支払われます。
死亡保険金
・不慮の事故により、その事故の日から180日以内に死亡した時にす。
傷害保険金
・不慮の事故により、日から180日以内に、所定の身体障がいの状態となった時に支払われます。
不慮の事故により特定要介護状態になり、それが180日以上継続したとき、およびその後1年ごとに時に、その都度支払われます。
きくん(定額型)
保険料の払込みが満了したあとも、支払われる保険金の額がかわりません。
60歳払込満了...20〜50歳まで 65歳払込満了...25〜55歳まで 70歳払込満了...30〜60歳まで 75歳払込満了...35〜65歳まで・特約は、災害特約・無配当傷害入院特約・無配当疾病傷害入院特約の3つまで。
保険金額の場合、下記の通り保障されます。
60歳まで 基本保障1,000万円+倍額保障1,000万円+災害特約1,000万円+入院特約1.5万円/日
 60歳を過ぎると月々の保険料がなくなり 基本保障1,000万円+倍額保障1,000万円+災害特約1,000万円+入院特約1.5万円/日

もっと詳しく知りたい方は...http://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/syusin/prd_lu_ssn_teigaku01.html

○新ながいきくん(ばらんす型2倍)
保険料の払込みが満了したあとの基本保障と、倍額保障で支払われる保険金の額が50%になり、その分保険料が安くなるので、月々の負担が軽くなります。
特約については保険料、保険金額ともにかわりません。
・保険料の払込み満了後の基本保障金額と、倍額保障で支払われる金額が50%になります。
・保険料の払込み満了の年齢と加入できる年齢の範囲は下記の通りです。
60歳払込満了...20〜50歳まで 65歳払込満了...25〜55歳まで 70歳払込満了...30〜60歳まで・特約は、災害特約・無配当傷害入院特約・無配当疾病傷害入院特約の3つまで。
保険金額の場合、下記の通り保障されます。
60歳まで 基本保障1,000万円+倍額保障500万円+災害特約1,000万円+入院特約1.5万円/日
 60歳を過ぎると月々の保険料がなくなり 基本保障500万円+倍額保障500万円+災害特約1,000万円+入院特約1.5万円/日
もっと詳しく知りたい方は...http://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/syusin/prd_lu_ssn_2balance01.html


もっと詳しく知りたい方は...
○新ながいきくん(ばらんす型5倍)
保険料の払込みが満了したあとの基本保障と、倍額保障で支払われる保険金の額が20%になり、その分保険料が安くなるので、月々の負担が軽くなります。
特約については保険料、保険金額ともにかわりません。
・保険料の払込み満了後の基本保障金額と、倍額保障で支払われる金額が20%になります。
60歳払込満了...20〜50歳まで 65歳払込満了...25〜55歳まで・特約は、災害特約・無配当傷害入院特約・無配当疾病傷害入院特約の3つまで。
保険金額の場合、下記の通り保障されます。
60歳まで 基本保障1,000万円+倍額保障200万円+災害特約1,000万円+入院特約1.5万円/日
 60歳を過ぎると月々の保険料がなくなり 基本保障200万円+倍額保障200万円+災害特約1,000万円+入院特約1.5万円/日
もっと詳しく知りたい方は...http://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/syusin/prd_lu_ssn_5balance01.html

○新ながいきくん(おたのしみ型)
保障金額は、きくん(定額型)と同じなのですが、保険料の払込み満了後一定期間ごとに『生存保険金』が支払われます。
特約については保険料、保険金額ともにかわりません。
・生存保険金(一時金)が支払われた分、その後の基本保障と倍額保障の金額が減ります。
・保険料の払込み満了の年齢と加入できる年齢の範囲は下記の通りです。
60歳払込満了...20〜50歳まで 65歳払込満了...25〜55歳まで 70歳払込満了...30〜60歳まで 75歳払込満了...35〜65歳まで・特約は、災害特約・無配当傷害入院特約・無配当疾病傷害入院特約の3つまで。
保険金額の場合、下記の通り保障されます。
60歳まで 基本保障1,000万円+倍額保障1,000万円+災害特約1,000万円+入院特約1.5万円/日
 60歳になると、一時金が支払われ、その分保障される金額が減ります。
60歳:200万円:基本保障800万円+倍額保障800万円+災害特約1,000万円+入院特約1.5万円/日
 65歳:200万円:基本保障600万円+倍額保障600万円+災害特約1,000万円+入院特約1.5万円/日
 70歳 200万円:基本保障400万円+倍額保障400万円+災害特約1,000万円+入院特約1.5万円/日
 75歳:200万円:基本保障200万円+倍額保障200万円+災害特約1,000万円+入院特約1.5万円/日

もっと詳しく知りたい方は...http://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/syusin/prd_lu_ssn_otanosimi01.html

○新シルバー保険
“新ながいきくん”ファミリーで『介護特約』を“新シルバー
保険”だけです。
その状態が180日以上継続した時とその日から1年ごとに最高10回まで支払われます。
60歳払込満了...20〜50歳まで 65歳払込満了...25〜55歳まで 70歳払込満了...30〜60歳まで 75歳払込満了...35〜65歳まで・特約は、災害特約または介護特約・無配当傷害入院特約・無配当疾病傷害入院特約の3つまで。
販売担当員さんに問いあわせましょう。
保険かんぽ生命保険では、他にも、ニーズに様々な保険を揃えています。

○養老保険“新フリープラン”ファミリー養老保険は、保険による保障が一定の期間をもって終了する保険で、保険期間中に死亡した時には死亡保険金が支払われ、満期の時には同額の保険金が支払われます。
ファミリーとほぼ同様の保障を設定でき、満期になれば満期保険金を受け取れるのですが、その時点で災害特約や入院特約も切れてしまいます。

“新ながいきくん”ファミリーで設定したサンプル保険金の場合 満期日まで 基本保障1,000万円+倍額保障1,000万円+災害特約1,000万円+入院特約1.5万円/日
 満期日 満期保険金1,000万円が特約も含めて保障はなくなります。
方は...http://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/yoro/prd_lu_yr_index.html

○学資保険“新学資保険”と“新育英学資”子供の高校進学、大学進学のときに教育費をはらっていけるだろうか? 若い夫婦にそんな不安はつきものです。
備えに最適なのが子供を加入対象と“新学資保険”です。
子供を亡くして保険金が支払われることには抵抗を感じてしまいますが、親が支払っていく保険料に対する保険と受けとめれば良いでしょう。
この保険では“新学資保険”の保障に保険期間中の節目に一時金が親が満期前に死亡した時または所定の重度障がいの状態になった時には間1年ごとに育英年金が支給されます。
新学資保険、新育英学資とも、災害特約、無配当傷害入院特約及び無配当疾病傷害入院特約を付け加えることができます。
方は...http://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/gaksi/prd_lu_gks_index.html

○定期保険“新普通定期保険”定期保険は、保険による保障が一定の期間をもって終了する保険で、保険期間中に死亡した時には死亡保険金が支払われます。
あたりまえですが、満期とともに保障は満期保険金もありません。
特約は、無配当傷害入院特約及び無配当疾病傷害入院特約を付け加えることができますが、特約も満期とともに切れます。
かんぽ生命保険では、様々なニーズに対応できるよう下記の4つをラインアップしています。
場合、期間中に年金受取人が死亡しても、相続人等が継続年金を受け取れる。

長いことゆうちょ生命だと勘違いしていましたふらふら
かんぽ生命が正しい呼び方だと初めて知った次第です。
posted by サラリーマン銀太郎 at 11:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。